模様替えをしたら地雷まできれいになりました。

誠にな梅雨は心境も下がってしまいます。

お洗濯製品も乾かないし、内部に色とりどりの洗濯製品が干してあって、気持ちが落ちつかないです。
あんなときは、思い切って模様替えをしようと思いたち、さっそくお整備から始めました。
通常、開かずの持ち出しになっている周辺を胆力を出してあけてみると、使いかけのハンドクリームやら、どこかでもらったコスメティックのサンプルやら、身の回りからもらった韓国お記憶の席メニューやら、起きるわ来るわ、がらくたが山ほど!!
ガンガン捨てていたら、3段あった持ち出しのうち、2段はからっぽになりました。
他にもキッチンやドレッサー、TV卓などをかたっぱしから片付けて、全くスッキリきれいになってから、これから模様替えに挑みました。
絶えず窓側にあったベッドの位置をハードル側に固めると、ハードルに甘いムービーたてや張り紙を飾りつけたくなりました。
それに古くさいソファーの被害も気になりだして、ソファー補完が恋しくなりました。
ソファー補完をオレンジにしたいなと思ったので、カーテンもオレンジに合いそうなアースカラーにしたいななんてつぎつぎ希望がでてきてしまいました。
ちょうど心づもりもなかったし、あっという間に家具やファブリックのお店頭を見に行きました!
そこでソファー補完や、バッファ、スリッパってベッド補完まで購入してしまいました。
低いお店頭でそろえたので、全部で10000円いきませんでした。
カーテンだけは、要望だと額面誇大だったので、今回は先送り。帰宅して、すぐに真新しいソファー補完に素晴らしいバッファをセットし、同系色合いのベッド補完をつけたら、とうにとってもお客間の直感が楽に明るくなりました。
わずかこれだけの案件なのに、ちっともリフォームしたかのように理解が変わることに驚きです。
模様替えって至極良い気分切り替えになりますね。
10000円くらいでこんなにもリラックスできて「お客間をきれいに使おう」という思ったり、「客間にお花も飾ってみようかな」という心の剰余が生まれたりするのなら、半年に1回くらいはこうした模様替えを通じても良しなと思います。
賞与がでたら、こんどは要望カーテンを作ったり、キッチン機械の色合いを揃えたりして、少しずつ素敵なお客間をつくっていきたいなと思います。
断捨離とか、風水とか言いますが、最も近辺がすっきりして、揃う結果、心境まで揃うことがあるのだなと実感しました!
絶対近辺をこぎれいとして、ストレスなく暮らしができる環境にいると、気持ちも前向きになるのだと思います。iPhoneに乗り換える前に知っておくべきデータベース